2014年9月アーカイブ

正看護師、准看護師になるには?

看護師になるには、国家試験、知事試験を受け、合格しなければならない。

 

   無免許ではできない仕事だから

正看護師と准看護師の立場の違いは、正規の看護師とその補佐役と言う違いですが、いずれにせよどちらも、なるためには試験をパスしなければなりません。

 

   正看護師の場合

正看護師と名乗るためには、厚生労働大臣の認可を得なければなりません。厚生労働大臣に認めてもらうためには、国家試験をパスしなければなりません。試験は誰でも受験できるわけではなく、資格を持っている人間しか受けられません。受験資格は看護系の大学、短大、専門学校を卒業すれば取得できます。

 

   准看護師の場合

准看護師になるためには、知事の認可を受けなければなりません。知事に認めてもらうためには准看護知事試験に合格しなければなりません。この試験も、受験資格を持っている人間だけが受けられます。受験資格は准看護学校、高校衛生看護科の学校を卒業すれば、もらえます。

 

   試験に合格し、就職先が決まったら、晴れて看護師になれる

現役の学生の場合、卒業年には就職活動と試験勉強の両方を同時にこなします。試験の合格を前提に就職先の病院が決まり、学校を卒業した後で看護デビューが待っています。准看護師はこれから将来的に廃止の方向へ進んでいく職種ですが、看護師に違いはありません。給料を見ても断然看護師のほうが良いです。学生の皆さん、正看護師、准看護師になる夢を叶えて下さい。

何にもない日々

飲み会大好きな私。

今が一番何にもない時期なんだよねぇ。

もう少ししたら忘年会シーズンになるから忙しいくらい飲み会が入ってくるんだけどね。

看護師の仕事していると患者さんと会話することが多いから翌日勤務の時はあんまり飲めないんだよね...。

仕事中お酒のにおいがぷんぷんしてたりしたら大変だもんね。

そのかわり次の日が休みだと思いっきり飲んじゃいます。

実は私は今まで一度だけ記憶がなくなるほど飲んだことがあります。

その時は断片的な記憶しかなくてちょっと後で考えると自分でもビックリです。

もともと私はある日の飲み会で始めてお酒を口にして自分が飲めることに驚いたんですよね...。

それからは結構練習もせずに結構な量を飲めていたんだけど...。

最近ではそれほどまでに無茶な飲み方はしないけどね。

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。