2017年10月アーカイブ

シャドー

イギリスの政治のニュースを聞いていると、よく「シャドー・キャビネット」とかって出てきます。
影の政治家?
イギリスでは、野党の幹部たちによる執行部のことを「影の内閣」といいます。
これは、幹部たちが外務・財務・産業など特定の政策についての政策責任者となることから、そういわれているようです。

影でやっているかっていえばそうじゃなくて、結構表に出てますよーー。

つまりイギリス野党の執行部は、「影の首相」である党首を頂点に、
幹部たちが「影の財務相」「影の外相」などに「就任」し、
あたかも内閣であるように組織されているのです。

保守党の場合、影の内閣の閣僚たちの人選は党首に一任されています。
一方、労働党の場合は、所属議員たちの選挙によって決められています。
もっとも両党とも、「影の首相」に党首がつくことは同じ、

なにかと話題になってる(?)イギリスの政治ですが、
私は前のロンドン市長のボリスさんが好きだったなー。
彼って愛嬌があるんだよね。

イギリス議会の議場は、日本やアメリカのような扇型ではなく、議長を挟んで左に与党が、
右に野党が座り、向かい合って議論をします。
左右の議席の最前列に座るのが内閣と「影の内閣」の閣僚たちで、
彼らのことを「フロント・ベンチャー」といいますね。

このアーカイブについて

このページには、2017年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年9月です。

次のアーカイブは2017年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。