2018年1月アーカイブ

日焼けのあと

日焼けをしてしまったら、その後のケアが大事で、ほうっておくとシミになったり、
そうじゃなくても病気のもとになったりもする。

まずは冷やすことが大事ですね、これは基本です。
焼けはやけどの一種と考えられているため、まずは皮膚を冷やし、
ほてりを鎮めることが大切です。
水などで冷やしてあげましょう。
このとき、皮膚をこすったり叩いたりして、
皮膚に負担をかけないように気をつけましょう。

我慢できないほどほてりがある場合は、医師の診察を受けましょう。
水ぶくれができた場合や、吐き気や頭痛がある場合も同様、必ず病院へ行ってください。

ほてりはないけれど思いっきり日焼けしてしまったという場合は、
化粧水でたっぷり水分補給をしたあと、乳液(クリーム)で肌を保護をします。

日焼けした肌は水分不足なので、顔も身体も、
いつもより多めに化粧水をつけるようにしましょう。

あとは身体をゆっくりと休ませること。

こういうことをちゃんとしてたらおかしなことになる機会は減るのです。

その前に、、、
日焼けしないようにねーー。

このアーカイブについて

このページには、2018年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年12月です。

次のアーカイブは2018年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。